葉酸摂取の方法

葉酸を上手に摂取する方法とは。

葉酸を摂取するときに気をつけないといけないことがあります。

 

葉酸には、熱に弱い、水に溶けやすいという弱点があります。そのため、いろいろな食品を幅広く食べて葉酸をたくさん摂取しているつもりでも、実際には、期待したほどの量が摂取できていないことがあります。
厚生労働省の調査資料によると、ゆでた野菜では、そこに含まれる葉酸の約50%が、そのゆで汁に溶出するといわれています。このようなことから、野菜や果物では、名まで食べることが出来るものは、そのまま生で食べることが出来るだけ多くの葉酸を摂取できる手段の一つといえます。そのほかには、ゆで汁ごと食べれるようにするのも、ひとつの方法です。食物をそのように調理するのもひとつの工夫の表れだと思います。
葉酸をたくさん摂取しようと思って、たくさん摂取したつもりでも、その半分が調理段階で失われているようでは、せっかくの努力が水の泡になりかねません。そのようなことにならないように注意しないといけません。
また、たまごの黄身は、加熱調理をしても失われる葉酸の量は少ないことがわかっています。

 

前のページでは、食品に含まれる葉酸の量を記載しました。
実際に、食事だけで毎日340〜440マイクログラムの葉酸を摂取することは、とても大変なことだと思います。しかし、私は次の方法を提案します。
全部の量を、食事で摂取しようとするから大変なので、その一部をサプリメントで摂取しましょう。AFCの葉酸サプリメントならば、一粒が100マイクログラムの葉酸を摂取できますので、食事で4分の3摂取できれば、残りの4分の1は、サプリメント1粒で補う。半分を食事で摂取できれば、2粒分のサプリメントを飲んで補ってはいかがでしょうか。この方法ならば、無理せずに、充分な葉酸を摂取できるでしょう。

 

バナー原稿 468×60_b (110602)imp