妊娠後の葉酸の摂り方

葉酸の取り方≪妊娠発覚後・出産後≫

妊娠していることが分かった時点では、お腹の赤ちゃんは細胞が次から次へと作られ、妊娠初期には、人間として最も重要な臓器でもある脳や脊椎の中枢神経などが出来つつあるので、それまでの摂取量より少しおおめの、毎日440μg(マイクログラム)を目標に、葉酸を摂取しましょう。
なかでも、妊娠前には、積極的に葉酸の摂取をする事ができなかったお母さんや、葉酸についての認識が少なく、葉酸を積極的に摂取することが出来ていなかったお母さんは、特に毎日440マイクログラムの接収を、自分に義務付けて行きましょう。
何といっても、大切な赤ちゃんのためです。

 

では、出産後はどうでしょうか。出産したから、葉酸の摂取をやめてもかまわないかって?
それは、大きな間違いです。出産後の、赤ちゃんは、お母さんの母乳で育ちます。赤ちゃんは生まれてからも、新しい細胞の発達が非常に活発です。その細胞発達にもっとも大切と言って良い葉酸は、お母さんの母乳からしか葉酸を摂取できません。この時期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの心身の発達に支障をきたす恐れが高いと言われます。
従って、無事に生まれた赤ちゃんも、授乳期には健やかな成長をきたすために、お母さんには引き続き葉酸を積極的に摂取してください。毎日の摂取目標量は妊娠時と比べて少し少なくても良いですが、340マイクログラムは摂取してください。