葉酸Q&A

大豆イソフラボンの摂取に関して

葉酸とともに大豆イソフラボンを多く摂取したほうが良いですか

大豆イソフラボンは、2006年1月に食品安全委員会は大豆イソフラボンは含む
特定保健用食品を妊婦さんが日常の食品とは別に大量に摂取することは、
血中のホルモンのバランスを崩すとして追加摂取を積極的に摂取することを取りやめました。

 

しかし、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似たような作用が認められているために
特定健康用食品として販売され、多くの人が摂取している環境もあります。

 

一般に大豆イソフラボンの一日の摂取として安全な量は現在は、
70グラムから75グラムとされています。
豆腐や納豆、豆類を取り入れた伝統的な食事を習慣にしていれば十分に
カバーできる量として認識しましょう。