葉酸サプリメント 口コミ

成人病の原因は母親の母体の中で作られる

妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの二分脊椎や無脳症などの赤ちゃんの出生率が向上するほかに、流産、早産、妊娠合併症などのリスクの確率が高まる事が知られています。
しかし、それに加えて最近では、妊娠時の母親の栄養状態が良くないと、生まれてくる赤ちゃんが将来、高血圧、糖尿病などの成人病にかかるリスクも高くなる島事がわかってきました。
赤ちゃんが、お母さんの体内にいるときの、いわゆる胎児のときに、葉酸やビタミンB12,ビタミンB6、メチオニン、コリンなどの各種の栄養素が慢性的に不足な状態になると、ホモシステイン、S−アデノシルホpモシステインが細胞内で上昇します。そうなると、RNAやたんぱく質、脂質を形成するDNAのメチル化度が変化します。このメチル化度の変化が、成人病の要因になると考えられています。
現在、日本中でも増加している成人病の予防の最初のポイントとしては、妊娠時においてお母さんが、葉酸をはじめとするビタミンB群などの栄養素を充分に取ることがとても大切だと言えるでしょう。
この事は、イギリスの疫病学者であるデイビット・バーカーが唱えた成人病胎児期発症説にもつながることです。

成人病胎児期発症説について関連ページ

母親の痩せ過ぎのリスクとは
AFC葉酸サプリメント口コミサイトです。加えてAFC葉酸サプリメントや葉酸に関する情報を配信しています。葉酸はお腹の赤ちゃんと女性の一生のためにとても重要な栄養素であり、その葉酸を比較的簡単に摂取することが出来る葉酸サプリメントサイトをご紹介しています。