葉酸の効果

飲酒と葉酸について

飲酒の習慣がある人、つまりアルコールをたくさん飲む人は葉酸が欠乏しやすいと言うことが言われています。この理由は、アルコールの分解にその原因があるようです。
体内に摂取したアルコールは、分解するときにアセトアルデヒドと言う物質が出来ます。葉酸は、細胞中の核酸の合成にかかわっていることと深い関係があります。アルコールを分解するときに出来るアセトアルデヒドは活性酸素を作り出し、傷ついたDNA(細胞中の核酸)の修復に必要な葉酸を活性酸素が壊してしまうのではないかと考えられているからではないかと言われています。
お酒と葉酸の関係がわかったでしょうか。お酒は適量飲めば、百薬の長とも言われますが、大量に飲むとアルコール中毒やアルコール依存症になります。適度の飲酒で健康な生活を過ごしましょう。

飲酒と葉酸の関係について関連ページ

悪性貧血を防ぐ
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
ホモシステインを低下させる
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
飲酒量の多い人は葉酸不足になる
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
エネルギー代謝の改善
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
神経の修復
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
月経時の不快な症状を緩和する
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
卵と葉酸の関係について
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。