葉酸の効果

エネルギー代謝の改善にも効果があります

葉酸が含まれているビタミンは、ビタミンB群に入ります。
このビタミンBには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、
ナイアシン、葉酸、パンとテン酸、ビオチンの8種類があります。

 

ビタミンB群は、発見されたときは、1種類と考えられていましたが、その後に
いくつかの関連したビタミンからなっていることがわかり、発見順に
Bの下に、小さく数字を入れて表記するようになりました。

 

この、ビタミンB群がひとつのグループになされる原因としては
たんぱく質、糖質、炭水化物の三大栄養素を消化吸収して
身体の中で利用していくときに、ビタミンB群のなかのそれぞれの働く場所や
その働き方、生理作用はちがうものの、8種類のビタミンB群からだの中の
代謝と言う広い視野で眺めると、互いに協力しながら酵素の働きを
助ける補酵素の役割を共通して担っているからです。

 

ビタミンB群は、エネルギー代謝を良くし、身体の調子を整え、体内の細胞を
活性化させてくれる大切なビタミンのひとつです。
この葉酸をはじめとする、ビタミンB群が不足すると、われわれの身体の代謝が
スムーズに行われなくなり、体調を崩してしまう可能性も高くなってしまいます。

エネルギー代謝の改善関連ページ

悪性貧血を防ぐ
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
ホモシステインを低下させる
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
飲酒量の多い人は葉酸不足になる
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
神経の修復
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。