葉酸の効果

飲酒量の多い人は、葉酸不足になりやすい

アルコールの摂取量の多い人は、葉酸が不足がちになると言われています。
この理由は、アルコールが分解するときに出る、アセトアルデヒドの影響と言われています。

 

葉酸は、細胞中の核酸の合成に大きくかかわっています。
アセトアルデヒドは、活性酸素を作り出し、傷ついたDNAの修復に必要な葉酸を、壊してしまうのではないかと考えられています。
このことは、年齢や性別にかかわらす、同じ影響がありますので、大量の飲酒は控えましょう。
加えて、飲酒時には、葉酸を多く含む食品を摂取するように心がけましょう。

 

葉酸は、中学生(概ね12歳ころ)には、大人と同じ量の葉酸を摂取するようにしたいですね。

飲酒量の多い人は葉酸不足になる関連ページ

悪性貧血を防ぐ
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
ホモシステインを低下させる
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
エネルギー代謝の改善
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。
神経の修復
葉酸の知られざる効果をご紹介しています。